1. 事業者向けテナント総合保険 お店のあんしん保険 ホーム
  2. 損害保険のお役立ち情報
  3. 飲食店ではどのような問題が発生する?保険加入がトラブル抑制の鍵!

飲食店ではどのような問題が発生する?
保険加入がトラブル抑制の鍵!

店舗保険

2019.05.18

飲食店ではどのような問題が発生する?保険加入がトラブル抑制の鍵!

飲食店では火やガスを使用することから、火災や爆発をはじめとするさまざまなリスクと隣り合わせです。そのため、飲食店の経営をするうえで保険への加入は欠かせないことといえます。ただし、保険一つとっても様々な保険の種類があり、どの保険への加入が適切なのか悩んでしまうという方は多いはず。

そこで今回は、飲食店で発生する可能性があるトラブルと加入すべき保険について、詳しい内容を紹介していきます。飲食店を経営している方、これから飲食店経営をお考えの方は、参考にしてみてください。

飲食店で起こり得る問題

飲食店で起こり得る問題

飲食店では様々なトラブルが起こる可能性があります。実際に飲食店で起こりうるトラブルにはどのようなものが多いのでしょうか。

1.食中毒

飲食店の大きなリスクの一つとして、食中毒は代表的なトラブルです。食中毒が発生すると、多額の損害賠償金が生じます。具体的には、被害者への治療費、入院費、交通費、休業損害金、慰謝料などです。

食中毒の厄介な部分が、一度発生すると被害が拡大しやすいという点です。食中毒の被害規模にもよりますが、場合によっては数千万円という金額の支払いが命じられることもあります。

さらに保健所の調査が入るため、一時的に店舗を休業せざるを得なくなります。当分の間営業ができないため、収入が全くない状態が続いてしまうのです。

2.お客様の負傷

飲食店でよく発生するトラブルが、お客様のやけどです。ステーキの乗った鉄板や熱々のうどんをお客様にかけてしまい、やけどを負わせてしまうなどのトラブルです。

病院での治療費や応急処置費用などが必要となる他、慰謝料を請求されるケースもでてきます。これらに伴う諸費用は店舗側が負担しなくてはならず、大きな痛手となります。

3.火災や水漏れ

天ぷら油に引火したり、ダクトにたまっていた油に引火するなど、飲食店の厨房では火災トラブルの発生が考えられます。設備や什器が破損してしまうと営業再開まで多大な費用と時間がかかり、大きなコストが必要となります。

他にも、シンクやトイレのつまりにより、階下への水漏れ被害を発生させてしまうなど、様々な施設トラブルの発生が想定されます。

店舗の火災や破裂には借家人賠償責任補償

テナントなど家主様に店舗を借りている時に火災や爆発などのトラブルが発生すると、損害賠償責任に問われることがあります。借家人賠償責任補償の特約は、家主様への補償が可能な保険です。

万が一のトラブルが起こった際に対応できるのはもちろん、借家人賠償責任補償への加入は、家主様を安心させる材料にもなります。

借家人賠償責任補償に加入しないままトラブルが発生した場合、損害賠償が全額自己負担になる可能性があります。そのため、テナントで飲食店を経営しているという方は、借家人賠償責任補償に加入するのがおすすめです。

お客様への被害は施設賠償責任補償

飲食店の店舗運営におけるお客様への被害は、施設賠償責任補償の特約に加入しておくことで最小限に抑えることができます。

例えば、従業員が配膳の途中で料理をお客様にかけてしまい、やけどを負わせてしまうというケースです。店舗側に損害賠償責任が発生した場合、施設賠償責任補償が適用されます。

他にも、店内のインテリアが落下してお客様が怪我をしたというケース、トイレの水で階下の方に、被害を及ぼしたというケースなども施設賠償責任補償の補償対象になります。

施設賠償責任補償の補償内容をしっかりと把握し、加入を検討する必要があるでしょう。

食中毒に関するトラブルも少なくない

飲食店でのトラブルは、食中毒に関するものも少なくありません。そのため、トラブルの被害を最小限に抑えるために、事前に食中毒に関する特約に加入しておくことが大切です。

とくに、次の特約への加入がおすすめです。

  • 生産物賠償責任の補償

    飲食店が提供した料理をお客様が食べて食中毒になってしまい、店舗側に損害賠償責任が問われた場合、生産物賠償責任の補償を受けることができます。

    生産物賠償責任の補償とは、店舗で料理を提供し、お客様の身体に被害が及ぼされた時に補償される特約です。料理の中に異物が混入しており、それがきっかけでお客様が怪我をしてしまった場合も、補償の対象となります。

    飲食物に関するトラブルの中でも、食中毒の賠償責任額は高額になる傾向があります。生産物賠償責任の補償に加入しておけば、食中毒発生に伴う補償額の負担を減らすことができます。

  • 食中毒見舞保険金

    飲食店で食中毒が発生して営業停止になった際、収入が全くなくなってしまいます。食中毒見舞保険金は、収入がなく不安定にならないための補償です。休業日数に応じて食中毒見舞保険金が支払われるので、休業中も安心して過ごすことができます。

    食中毒見舞保険金の活用方法はさまざまです。無収入期間に生活を支えるための資金として使うのはもちろん、営業再開時の店舗再建資金、営業停止中の従業員への給与など多くの場面で使うことができます。

    食中毒見舞保険金は、万が一の食中毒発生後にも店舗を改めて再建するために重要な特約といえるでしょう。

    また、飲食店を経営する際に抑えておきたい特約がもう一つあります。

    人格権侵害賠償責任の補償です。

  • 人格権侵害賠償責任の補償

    飲食店を経営しているなかで無銭飲食に出会うことは珍しいケースですが、必ずしも発生しないリスクともいえないトラブルです。無銭飲食が発生に伴いお客様を間違えて捕まえてしまった場合、お客様の人格権を侵害する恐れがあり、賠償問題に発展するケースがあります。

    そんな時に頼りになるのが、人格権侵害賠償責任の補償です。店舗側に損害賠償責任が生じた際に、適用可能な補償になります。

    発生頻度は高くありませんが、万一の無銭飲食トラブル発生時に安心できる補償です。飲食店を経営するのであれば、加入をおすすめします。

まとめ

飲食店を経営するうえで、さまざまなトラブル発生が想定されます。施設そのものへのリスクはもちろんお客様に被害を与えるリスクもあり、その損害賠償は莫大なものとなります。

特に食中毒発生に伴うトラブルは、飲食店にはありがちな問題でしょう。実際に食中毒が発生した場合、数千万円という高額な賠償金を支払わなくてはならないケースも存在します。早めに食中毒に関する特約へ加入するほうが良いでしょう。

もし自分の経営する飲食店に必要な保険プランがわからなければ、保険スタッフに相談してみるのがおすすめです。適切な保険を勧めてくれるので、安心して任せることができます。

ただし、毎月の保険料には注意が必要です。特約や補償内容の範囲が広いほど、当然月々の保険料が膨れ上がります。

安全安心の飲食店経営を心がけていても、万が一のトラブル発生の可能性をゼロにすることは非常に難しいことです。長く飲食店を続けていくのであれば、保険への加入で店舗の被害を最小限に食い留めるようにする必要があります。

今回ご紹介した保険の特約をぜひ参考に、保険への加入を検討してみてください。

お役立ち情報一覧

店舗保険のお役立ち情報

お店とともに歩んできたUSENが提供するお店にとって本当に必要な保険。

62万件の店舗にBGMサービスを提供するUSENが、これまで蓄積してきた顧客ニーズをベースに開発した、お店のための保険です。

POINT 1

すべての「はたらく」にあんしんを。

さまざまな業種・業態のお店がご加入できる保険です(※)。特に飲食店・理美容院の補償が手厚いのが特徴です。 ※ご加入できない業態が一部ございます。くわしくは「ご契約のしおり(約款)」をご参照ください。

POINT 2

わかりやすいシンプルなプラン

お店に必要な補償額のプランをセレクトするだけの簡単設計。建物構造もお店の広さも保険料計算には必要ありません。

POINT 3

お手続きはカンタン&スムーズ

利便性を追求しインターネット加入に対応しています。また自動更新型保険のため、ご加入後も契約更新手続きの手間がありません。

このページの
先頭に戻る